iPhoneアプリのYouTubeで動画のタイトルが翻訳される問題を解決した

目次 

 

 Youtubeでサーフィンをしていると、こんなふうに英語の動画のタイトルが和訳されているのを見かけます。

f:id:uoken99:20190623202459p:plain

△タイトルが日本語に翻訳された海外の動画

 YouTubeの翻訳機能は、動画の投稿者が許可して視聴者が翻訳するという仕組みです。

 そのため翻訳の依頼それ自体は投稿者の意向でも、翻訳の内容は投稿者の趣向にそぐわないものであることが多いです。また、タイトルの情報が抜け落ちてしまうので原題のままで表示しましょう。

 

タイトルの翻訳をオフにする手順

SafariYoutubeを開く

 タイトルの翻訳をオフにするためにはYouTubeでの使用言語を変える必要があります。しかし、iOSYouTubeアプリではアプリ内の設定から言語を変えられません。

 これはアプリの言語設定がiPhone本体のそれに依存しているためですが、今回は端末の設定を変えずにYouTubeでのみ英語を使うようにします。

 上記のとおりアプリは使えないので、まずはSafariYouTubeを開きましょう。下の手順でYoutubeのアプリを消すことなく開けます。

  1. Safariで「YouTube」と検索する
  2. 検索結果の一番上のサイトを長押し
  3. 「新規タブで開く」を選ぶ

 YouTubeのトップ画面が表示されたら、ここでページをブックマークしておきましょう。これからは簡単にアクセスできるようになります。

 

言語を変える

 最後に言語設定を変えましょう。

  1. 右上に表示されている自分のアカウントのアイコンをタップ
  2. 「設定」→「言語」と進む
  3. 「English (US)」を選ぶ

 これでタイトルが勝手に翻訳されることはなくなりました。

 

ブラウザで視聴しよう

 SafariYouTubeを使うことのメリットは自由な言語設定以外にもあります。

 YouTubeアプリはオリジナルのデザインを設計しているので使い勝手は良くなっていますが、バッテリーの消耗が激しかったり、アプリを立ち上げるために余分な通信量を重ねていたりします。

 ブラウザで視聴すればiPhoneiPadに最適化されたプレイヤーを使えるので、バッテリーの節約になります。またネットサーフィンをしていたらそのままYouTubeに移れるので、アプリの立ち上げに通信量を浪費することもありません。

 アドブロッカーを使えるのもブラウザ視聴の強みです。見たい動画より優先して読み込まれる広告はあなたの端末のバッテリーと通信量、そしてなにより時間を無駄にします。アドブロッカーはこれらの広告からあなたを守ってくれるでしょう。

gccのPathが通らない問題を解決した

C言語C++言語のコンパイルをするためにMinGWgccをインストールした。

パスを通してパソコンを再起動。

 

動作確認のためコマンドプロンプトからgcc --versionを実行するも以下のエラーがでた。

C:\Windows\System32>gcc --version
'gcc' は、内部コマンドまたは外部コマンド、 操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

 

インターネットで数時間探しまわった結果、以下の方法で解決しました。

  1. デスクトップ左下の検索欄に『システムの詳細設定の表示』と入力してエンター
  2. 環境変数』→『システム環境設定』→下にスクロールして『Path』を選択→『編集』→『新規』→『C:\MinGW\bin』を追加してエンター
  3. さっき追加した『C:\MinGW\bin』を選び『上へ』で一番上へ移動→『OK』で終了
  4. パソコンを再起動する

 

再びgcc --versionを試す。

C:\Windows\System32>gcc --version
gcc (MinGW.org GCC-8.2.0-3) 8.2.0
Copyright (C) 2018 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

無事実行できてバージョンが表示されました。

Originが起動しない問題を解決した

最近話題のApex Legendsをプレイすべく、ランチャーのOriginをインストールしました。

さっそく起動!

…しない

 

起動しないどころかバックグラウンドで動いてCPUを食いつぶす始末。

 

いろいろ試した結果、以下の方法で解決できました。

ウイルスバスターが悪さしていたようです。

 

  1. ウイルスバスターを起動する
  2. ウイルスバスター クラウド』→『設定』→『例外設定』→『ファイル/フォルダ』→『追加』→『参照...』と進む
  3. 『C:\Program Files (x86)\Origin』を選んで追加する

 

無事にOriginが起動しました。